NPO法人 旭川NPOサポートセンター

旭川市7条通13丁目60-8ウォーム713
 102号室
TEL&FAX:0166-74-4180

2021年01月

2021/01/29

◆地域活動団体への助成事業「生活学校助成」ご案内

■実施団体名:公益財団法人あしたの日本を創る協会
■事業名:  地域活動団体への助成「生活学校助成」
■掲載URL: http://www.ashita.or.jp/sg2.htm
■応募締切: 令和3年3月31日(必着)

■助成の趣旨
近所のお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの回収や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループの皆さま、生活学校に参加してみませんか?
生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。

■生活学校とは?
身近な地域や暮らしの様々な課題について、学び、調べ、話し合い、他のグループとも協力しながら、実践活動のなかで解決し、生活や地域や社会のあり方を変えていく、そんな活動に取り組むグループです。
これまで「食品表示の適正化」「休日・夜間診療の実現」「缶飲料のステイオンタブ化」「資源ごみの分別収集」「高齢者や子どもの見守りと居場所づくり」などの取組みは、今日の私たちの生活に根付いた成果になっています。
また、全国の生活学校が連携して取り組む全国運動「レジ袋削減」「震災復興支援活動」「食品ロス削減」などは、内閣総理大臣賞をはじめ高い社会的評価も受けています。
現在は全国運動「食を通じた子どもの居場所づくり」に取り組み、全国の団体が連携した運動の展開を図っています。

■対象団体(①及び②の両方に該当する団体)
①身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体
②全国の生活学校が連携して行う全国運動に参加する意向のある団体

■助成金額
①生活学校への参加 6万円(初年度3万円、2年目3万円)
②全国運動への参加 上限5万円(現在のテーマは「食を通じた子どもの居場所づくり」)

■全国運動の活動実施時期
全国運動の活動実施時期については、令和3年度中のご都合の良い時に取り組んでいただければ結構です。

■申請書の入手方法
まずは、下記問い合わせ先(ashita@ashita.or.jp)までメールでご連絡のうえ、申請書をお取り寄せください。

■申請方法(次の書類をご提出ください)
①申請書(所定の書式に必要事項を記入)
②活動の様子がわかる会報または資料等(A4サイズ1~2枚程度)

■審査および決定
申請書類に基づいて審査を行い、助成対象団体を決定します。結果については4月にメールでご連絡します。

■問い合わせ先
公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校募集係
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-7 大成堂ビル4階
TEL03-6240-0778 FAX03-6240-0779 メール:ashita@ashita.or.jp
URL:http://www.ashita.or.jp/

2020/01/29

『一番やさしい「評価」講座』の参加者募集のご案内

一番やさしい「評価」講座
~いいプロジェクトって何だろう?~
2日間の実践講座+応用編(お悩み相談)

皆さんが事業を行っている中で、助成金の申請書などに出てくるようになった『評価』という言葉。
「評価って?」「何が評価?」と、やみくもに「評価は難しい」という印象をもたれていませんか?
「いいプロジェクトって何だろう」「どうして失敗(または成功)したのだろう」
そんな疑問に客観的に答えてくれるのが『評価』です。基本的な評価は、実はそれほど難しくはありません。
私たちの活動を応援し、価値を見いだしてくれるものです。
まずは基本的な評価を知り、簡単な事例で評価を実践できるようになりましょう。

この講座の目的
『評価ってこういう流れでするのか』がわかる!
評価の基本中の基本である「事業評価(プロジェクトの評価)について、最も基本的な方法について実践者視点で紹介します。
2日で基本的な評価の流れを一通り理解・体験することで、「評価とはこういう流れでするのだ」という基本を身に着けることを目指します。

***********************************

日時:2020年2月22日(土)13:00~2月24日(月・祝)12:00
場所:旭川市市民活動交流センターCoCoDe(旭川市宮前1条3丁目3-30)
講師:㈲エムエム・サービス代表取締役・「グローカルな仲間たち GLFP」主宰・
NPO法人 PCM TOKYO 監事
 ~三好 崇弘 氏~

日程:
2月22日(土)13:00~21:00(休憩1時間)
①評価の設計=自分たちの事業の整理の仕方を学びましょう!
②質的データの収集と分析=数字に表せないことをとらえる

2月23日(日)9:00~21:00(休憩2時間)
③量的データの収集と分析=数字に表せることをとらえる
④評価の考察と結論のまとめ方=いいプロジェクト、悪いプロジェクト?

2月24日(月・祝)9:00~12:00
⑤評価についてのお悩み相談会(参加自由)

内容:あるプロジェクト(商店街の街づくり)の評価を事例として、評価のプロセス(企画から報告までの流れ)を紹介します。
「評価を自ら行ってみる」実践者の視点から、評価の実務の流れを体験・体得することに主眼を置きます。
一部、グループになってみんなで実際に手や体を動かして実践します。ポストイットやパソコンを活用します。グループ(2~3名)で1台のパソコンを使うイメージです。

募集について
応募資格:評価の実務について知りたい方、または評価の基礎を再度学びなおしたい方。
理論よりも実務が中心です。パソコンのレベルとしては、ExcelやWordを使える方。(ExcelでSumやAverageを使ったことがある、意味が分かるレベル)

申し込み:電話もしくは以下のフォームに必要事項をご記入のうえ送信をクリックしてください。
電話:0166-74-4151
Webフォーム:https://bit.ly/38t5yuo
主催:お問合せ
旭川NPOサポートセンター(担当:長嶋)
メール:info@cocode.jp