NPO法人 旭川NPOサポートセンター

旭川市7条通13丁目60-8ウォーム713
 102号室
TEL&FAX:0166-74-4180

2021年09月

2021/09/30

◆SOMPO福祉財団「NPO基盤資金強化資金助成」の募集◆のご案内

<募集期間>
   9月1日(水)~10月8日(金)
<詳細・お申込み>
   SOMPO福祉財団HP⇒https://www.sompo-wf.org/

1.認定NPO法人取得資金助成
(1)募集地域
    日本全国
(2)助成対象者
    社会福祉分野で活動し、認定NPO法人の取得を計画している
    特定非営利活動法人
(3)助成内容
    「認定NPO法人」の取得に関する費用であれば、使途は問いません。
(4)助成金額   
    1団体30万円(総額450万円を予定)

 3.お問い合わせ
 (公財)SOMPO福祉財団   TEL:03-3349-9570    以上  

◆2021年度:休眠預金を活用した新型コロナウイルス対応支援助成事業のご案内

◎2021年度:休眠預金を活用した新型コロナウイルス対応支援助成事業
〜深刻化する「コロナ学習格差」緊急支援事業〜

休眠預金を活用した新型コロナウイルス対応支援助成事業での助成事業の公募を9月29日(水)に開始いたしました。

新型コロナウイルス感染症の拡大から早くも2年、事態の長期化で、コロナ禍以前より生じていた教育格差(世帯年収などによる勉強時間や生活時間の格差)はコロナ禍により拡大傾向にあることが問題視されています。

また、子どもの非認知能力(自己肯定感や学びに向かう力)の低下、学校行事の中止縮小による影響が大きいことも指摘されています。

昨年1年間で、コロナに関係する弊社独自の基金として総額8.5億を助成した経験を持つREADYFORと、子どもの学習教育支援分野でトップを走る特定非営利活動法人キッズドアがチームとなり、休眠預金を活用した事業として「深刻化するコロナ学習格差」をテーマに公募受付・助成を行う基金です。

9月29日(水)より公募受付、10月18日(月)午後6時締め切りで助成申請を受付中。
昨年、本事業にて社会的支援に取り組む26団体に対して、約2.1億円を助成致しました。
2020年度の採択事例詳細はこちらよりご確認いただけます。(本年度とはテーマが異なります)
https://readyfor.jp/corp/news/202

【採択団体例】

【1】10代向けワンストップ総合相談支援拠点の新設・運営助成額:1500万円(認定NPO法人3keys)

【2】高校生の自己肯定感向上と、将来設計機会の提供事業助成額:565万円(株式会社キタイエ)


◇申請はこちら(応募要項:応募要項・対象ジャンル等) 
https://share.hsforms.com/1htBRZfCyRPqHU8yGOWawhA49oce

例えば、
「大規模な拠点を整備して、居場所事業を始めたいが資金がない」
「子どもの支援を行ってきたが、体験学習やIT教育など新しい内容に挑戦したい」
などの想いをもつNPO様も多いのではないかと考えます。

今回の基金では、過去最大級の総額約2.9億円、最大5000万円の大規模な助成が可能です。
また、小規模な団体様や、活動歴が浅い団体様に対しても、申請が採択された際には、ご希望に応じて、キッズドアが、ロジックモデルの作成支援や支援の担い手となるボランティアへの講習など、資金以外の面でも、皆様の活動をサポートいたします。

◇申請完了までの流れ(全体所要時間:最短30分程 ※検討時間は別途)
・「申請内容1:申請主体について」記入(所要時間:10〜15分程)
・「申請内容2:申請事業概要について」 記入(所要時間:45~60分程)
1.貴団体の概要について
2.申請事業について
3.プロジェクトの適法性、実現性について
4.コンプライアンスの遵守状況について

<申請締め切り:10月18日(月)午後6時>

 ※締め切り前の数日は申請が立て込むことが想定され、スムーズに審査させていただくために
 【10月10日(日)】頃までの申請ご案内をお勧めいただけましたら幸いです。

◇申請はこちら(応募要項:応募要項・対象ジャンル等) 
https://share.hsforms.com/1htBRZfCyRPqHU8yGOWawhA49oce

——————————————————————————
READYFOR 休眠預金活用基金事務局(2021年度緊急枠)
メール:grant_d-depo_covid_21@readyfor.jp
——————————————————————————-

2021/09/23

◆学校法人 旭川大学より「大学拠点接種」のご案内

学校法人旭川大学では9月18日(土)より、新型コロナウイルス感染症の発症予防のため大学拠点接種を開始しております。
ワクチン接種を希望される市民の方に、広くご予約いただきたく、ご案内を差し上げます。

9/23(木)12:00時点

予約可能枠は下記のとおりです。

10/2(土):60人

10/3(日):110人

予約申込の方法は、

(1)旭川大学ホームページの下記URL

https://www.asahikawa-u.ac.jp/post-news210916-17742/

(2)添付PDF

「①予約をする」のhttps://www.mwt-mice.com/events/asahikawa-u_covid-19/loginをクリックすると、予約専用サイトにジャンプします

詳細につきましては、旭川大学ホームページの下記URLをご覧ください。

https://www.asahikawa-u.ac.jp/post-news210916-17742/

なお、大学拠点ワクチン接種についての本学の窓口担当は、

「事務局庶務課」(電話番号:0166-48-3121)となります。

2021/09/16

◆「アクティブシニア活躍支援セミナー ~地域を支えよう!~」のご案内

高齢化が進んでも、住み慣れた地域でできるだけ自立した暮らしを続けたいものです。歳を重ねるとどうしても、誰かの手助けが必要になることが出てきます。
私たちの社会は昔から、「お互い様」として助け合って暮らしてきました。地域の行政や社会福祉協議会では、「お互い様」を担っていただけるアクティブシニアを求めています。
このセミナーで、自分にもできることを探してください。


開催日時:令和3年9月30日(木)午後1時30分~3時45分 (ZOOMのみの開催)
講師:奥田 龍人


カリキュラム

基礎講演 
講師:奥田龍人氏 
内容:・地域の支え合いの必要性 ・総合事業における住民主体のサービス

情報提供 
講師:介護等施設事業者 
内容:・介護現場の人手不足の現状とアクティブシニアが担えること等の説明

講師:地域活躍支援コーディネーター 
内容:地域の特色ある生きがい活動の紹介や就労情報の提供及び説明


参加ご希望の方は下記のいずれかの方法でお申し込みください。
FAX:011-200-0974
電話:090-3394-2176(担当 佐藤)
メール:info@activesenior-hokkaido.net

※ホームページからもお申込できます。
https://activesenior-hokkaido.net
~ホームページでは就労やボランティア情報を提供しています。ぜひご覧ください。~


主催:北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課

実施団体:NPO法人北海道社会的事業所支援機構
住所:札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園201号


2021/09/11

◆年賀寄付金助成説明会の変更のお知らせ

9月20日(月・祝)で予定をしていました、年賀寄付金助成説明会は、緊急事態宣言の延長を受けて9月30日(木)まで臨時休館となったため、オンラインでのみの開催となりました。

・開催日時:令和3年9月22日(水) 18:30~20:00
・参加方法:オンライン(zoom)札幌会場と同時進行
・参加費無料:無料

・内容:日本郵便株式会社年賀寄付金事務局担当者が、申請書の書き方や申請の際のポイントなどを説明します。
初めて助成金を申請する方や検討中の方などのご参加をお待ちしております。

・講師:日本郵便株式会社年賀寄付金事務局 竹山吾紀明(たけやま・あきひろ)さん

・対象:
申請時直近の決算時において法人登録後1年以上経過、過去1年間を期間とする年度決算書が確定している団体。
NPO法人、社会福祉法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、更生保護法人
 ※任意団体は対象外となります。

説明会プログラム:
・申請可能事業について
・事業のスケジュールについて
・審査のポイントについて
・申請書作成のポイントについて
など

詳細:https://www.post.japanpost.jp/kifu/

参加申込:旭川市市民活動交流センター CoCoDe
     旭川市宮前1条3丁目3-30
     電話:0166-74-4151 Mail:info@cocode.jp

◆旭川市市民活動交流センターCoCoDe トークサロン中止のお知らせ

9月14日(火)に予定しておりました、『旭川公園ゲストハウス 松本浩司さん』のトークサロンは、 緊急事態宣言の延長を受けて9月30日(木)まで臨時休館となったため中止とさせていただきます。

参加ご希望だった方には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

◆旭川市市民活動交流センターからのお知らせ

旭川市市民活動交流センターは現在臨時休館中ですが緊急事態宣言の延長を受けて9月30日(木)まで臨時休館を延長することとなりました。利用者の皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。※9月13日(月)と9月27日(月)は、定例の休館日となります。
尚、臨時休館中のお問い合わせにつきましては、午前9時から午後5時の間にお電話にて受け付けております。
また、新型コロナ感染の状況によりましては、臨時休館期間が延長されることも予想されます。変更等ございましたら逐次ご報告いたしますので、よろしくお願いいたします。

旭川市市有施設情報につきましては、下記旭川市HPをご覧ください。https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/…/d068563.html…

2021/09/08

◆SOMPO環境財団「環境保全プロジェクト助成」のご案内

SOMPO環境財団「環境保全プロジェクト助成」

【2021年度応募要項】

1.対象となるプロジェクト

次の3つの条件を満たすプロジェクトが対象となります。

①活動の内容

原則として、国内において「自然保護」「環境教育」「リサイクル」「気候変動対応」など

広く環境に関する分野で、実践的活動や普及啓発活動を行うもの

②原則として2021年度中に開始予定のもの

(すでに開始されているプロジェクトも対象となります。)

③継続性、発展性を持つプロジェクトであり、その成果が公益のために貢献するもの

2.対象団体

次の2つの条件を満たす団体が対象となります。

①2020年12月末時点で公益法人、NPO法人または任意団体としての

 環境保全活動実績が2年以上あること

②助成対象となったプロジェクトの実施状況および収支状況について適正に報告できること

(助成実施後、活動報告書等を作成いただきます)

3.助成金額

1プロジェクトにつき20万円を上限とします。(15団体程度、総額300万円を予定)

4.助成金の使途

助成対象となったプロジェクトに関するものであれば、使途は問いません。

5.応募方法・締め切り

助成申請書に以下の書類を同封のうえ、2021年10月31日(日)までに郵送

(当日消印有効)でお申し込みください。 

※詳細は以下のHPでご確認ください。

【助成申請書】下記ホームページよりダウンロードしてください。

https://www.sompo-ef.org/project/project.html

【同封書類】団体規約、役員名簿、今年度予算、昨年度会計報告書、

      プロジェクト実施に関する補足資料(パンフレット、写真など)

【送付先】〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1

     SOMPO環境財団 環境保全プロジェクト係

6.選考方法と選考結果の連絡

・SOMPO環境財団の認定委員会が応募内容を審査し、2021年12月末までに

 文書で選考結果をお知らせする予定です。

・選考にあたり、必要に応じてヒヤリングさせていただくことがあります。

・助成金額が申請金額を下回った場合、予算の見直しをお願いすることがあります。

7.助成後の報告について

助成後、「中間報告書」および「事業完了報告書」をご提出いただきます。

・事業完了報告書

 助成対象プロジェクトが完了次第、事業完了報告書を2022年12月末日までに

 ご提出ください。

********************************************

公益財団法人 SOMPO環境財団

TEL:03-3349-4614 FAX:03-3348-8140

HP:  https://www.sompo-ef.org/

MAIL:office@sompo-ef.org

公式ブログ更新中!http://sjnkef.edoblog.net/

********************************************

2021/09/06

◆9月10日締 47コロナ基金 伴走型・市民活動持続化支援枠助成のご案内

北海道NPOファンドでは、47コロナ基金(運営:公益財団法人地域創造基金さなぶり、連携:全国コミュニティ財団協会)・伴走型・市民活動持続化支援枠の助成要項を公開しました。コロナ禍における行政支援が届きにくい団体、寄付や会費など支援性資金の割合の高い団体、コロナ禍において運営体制を変えていきたいという団体からの応募をお待ちしています。申請書ダウンロードは下記からお願いします。

https://npoproject.hokkaido.jp/?page_id=1236

◆申請額(助成限度額)と使途、経費について

助成総額およそ70万円 採択予定数2 1件上限 50万円 (資金計画書上、伴走支援者委託費を計上してください)。

伴走支援者委託費以外に使途に制限はありません。管理費、人件費など団体活動のためにご利用ください。

◆採択団体へお願いすること

伴走支援者を選定していただきます。当会より紹介することもできます。

採択決定後、伴走支援の内容を確定するため、当会の面談を受けていいただきます。

支援例;組織診断・組織評価、事業計画策定、中期経営計画策定、業務フロー見直し、資金調達計画策定、事業評価、社会的インパクト評価(伴走評価)など。

お申込み、お問合せは、北海道NPOファンドまでお願いします。

認定NPO法人北海道NPOファンド 高山
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール npofund@npo-hokkaido.org
メール takayama@npo-hokkaido.org
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974

北のNPO基金 https://npoproject.hokkaido.jp/
北海道災害復興支援基金 https://npoproject.hokkaido.jp/dofund/
いぞう寄付の窓口 https://npoproject.hokkaido.jp/izoukifu/
北海道NPOファンド https://www.hokkaido-npofund.jp/

2021/09/01

◆【赤い羽根共同募金助成金】申込受付開始のご案内

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆  赤い羽根共同募金助成金申し込み受付中  ◆
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

北海道共同募金会では、先進的・開拓的な草の根の住民福祉活動を応援する目的から、安心・安全で住みよい福祉のまちづくりのため、住民が自発的・組織的に行う創造性豊かな社会貢献活動や、地域における子育て支援活動など、柔軟かつ多様な福祉活動を行っている団体・グループを対象に、助成事業の公募を行っています。

●受付期間:令和3年9月1日~9月30日

●詳細については、本会ホームページをご覧ください。
申請様式もHPより入手いただけます。
http://www.akaihane-hokkaido.jp/sikumi/sikumi_jyosei_p1.html

 (あなたの町を良くするしくみ→助成情報→赤い羽根共同募金助成金について)

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆