NPO法人 旭川NPOサポートセンター

旭川市7条通13丁目60-8ウォーム713
 102号室
TEL&FAX:0166-74-4180

イベント情報 | NPO法人 旭川NPOサポートセンター

2024/04/29

慢性疲労症候群ME/CFSの患者会 北海道ME/CFS幸せたんぽぽの会が開催する講演会のお知らせ

慢性疲労症候群ME/CFSの患者会 北海道ME/CFS幸せたんぽぽの会が開催する講演会のお知らせが届きました。


私どもは2018年に当患者会を設立いたしました。
慢性疲労症候群ME/CFSは確定的な診断方法がなく、治療法も確立していないいわゆる難病です。

この疾患はナイチンゲールも患い晩年50年をベッドで過ごしたと言われている疾患です。感染症や心身の強いストレスにより脳に炎症が起こった疾患ではないかと言われています。

近年は新型コロナウイルス感染症の発症から、罹患後症状(いわゆる後遺症)からME/CFSを発症する方もいらっしゃり、国や自治体では罹患後症状の受診先についてホームページ等で案内してはいますが、結局は一般的な検査をしても検査値に問題はなく、心の問題ではと言われその後受診先をなくし、症状が悪化して日常生活が送れなくなっても、仕事ができなくなった場合の保証や社会福祉へ繋がることが容易ではなくなるケースがとても多いです。

慢性疲労症候群ME/CFS自体、否定的に捉える医師と出会ってしまったならば、症状や病状を否定され、医師から認められないとなると家族の理解も得られず、社会から孤立してしまうケースが多くあります。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、感染していない方を数えるほうが難しい状況で、何千何万人もの方々が症状と苦痛と社会からの孤立で苦しんでいると推定されます。

今回の講演会では医師からも新型コロナウイルス感染症との関連性が講演がある他、患者会からは上手く受診に繋がれる方法や、必要な方に支援が届くように説明をさせていただく予定です。

ぜひ旭川市の方々に知っていただき、孤立する方が減るよう支援して行きたく考えております。

当患者会は、重症患者が主に所属しています。
患者さんやそのご家族・知人、医療関係者、福祉関係者、市民の方など皆さまに講演会に参加いただき、疾患を知っていただくとともに、受診や診断に至っていない方も含め、この病で苦しむ患者の孤立を防ぎたいと願っております。

講演会へのご参加お待ちしております。


2023/11/09

北海道立市民活動促進センターからのお知らせ

11月22日(水)にNPOのマネジメントや小規模多機能自治を推進している 川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者)を講師として 市民活動支援の基礎や住民自治を学ぶ講座を開催いたします。 市民活動のスタッフだけではなく、市民活動に関わる方や興味のある方など、ぜひご参加いただければと思います。 それでは、みなさまのご参加をお待ちしております。

【市民活動スタッフ養成講座】
テーマ:■市民活動支援の実務を、基礎から再確認する     
    ■2030年代の北海道の地域のくらしを見据えて、住民自治を促すために       
     ~小規模多機能自治の意義とポイント~
講 師:川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 代表者)
日 時:2023年11月22日(水)10:00~16:00
会 場:かでる2.7 1030会議室 / オンライン     
   (札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル 10階)
参加費:無料
定 員:会場20名程度、オンライン20名程度
申 込:下記Googleフォームよりお申し込みください。     
     https://forms.gle/Gxk7HShSf9ZxcTxA6
問合せ:北海道立市民活動促進センター     
    札幌市中央区北2条西7丁目かでる2.7 8階     
電話:011-261-4440     
FAX:011-261-6789     
HP:http://www.do-shiminkatsudo.jp/

2023/09/02

「フォト婚活@CoCoDe」

10月9日(月・祝)に「フォト婚活@CoCoDe」を開催します。
カメラ撮影好き同士で婚活しませんか?
CoCoDe~北彩都ガーデン周辺を歩いて撮影しながら仲を深めましょう♪
募集要項⇒30~40代の独身男女各10名、デジカメや一眼レフカメラ等をお持ちの方、
参加費800円!
募集締切は10月2日です。詳しい内容はチラシをご覧下さい。

2023/08/21

◆『ハンセン病問題から学ぶこと』のご案内

〜知っていますか?ハンセン病問題〜

日本のハンセン病問題とは何か?隔離政策の被害と差別の実態を知り、今後過ちを繰り返さないために、私たちが何をしなければならないのかを学びます。

【日程】令和5年9月9日(土) 13;30〜15;30
【場所】旭川市市民活動交流センター CoCoDe
【講師】西浦 直子氏 (国立ハンセン病資料館 学芸員 事業部社会啓発課 課長)
【参加料】無料
【お問合せ・お申込み】
 旭川市市民活動交流センター CoCoDe
 旭川市宮前1条3丁目3−30
 Tel:0166-74-4151 Mail:info@cocode.jp

2023/08/04

『男女共同参画連続セミナー 〜エンパワメントを身に付けよう〜』のご案内

自分を丸ごと愛して、育てるエンパワメントプログラム

〜他人(ひと)も自分も受け容れて、自分らしく生きる、自分らしく輝く〜

第1回 8月26日(土)13:00〜16:00
◾️人間理解(自己理解)の基本とは
・アンコンシャスバイアスやジェンダーバイアスなど、自分の思考の癖や傾向を自覚し、多様性受容の意識を自覚的に身につける。

第2回 10月1日(日)13:00〜16:00
◾️自尊感情を高め、エンパワーする
・自尊感情を高めることで、多様な視点や包括的な考え方を獲得していく。

第3回 10月29日(日)13:00〜16:00
◾️自分を信じて、対話力を磨く
・多様な考えを持つ人を受容できるよう、自分への自信を獲得する術と、円滑なコニュニケーション方法を学ぶ。

【場所】旭川市市民活動交流センター CoCoDe
【対象】一般市民・学生・子どもを持つ親・子どもに関わる仕事をしている方・なんとなく生きづらさを感じている方・支援援助職の方・関心のある方
【定員】30人(託児あり 各回先着5名 ※要予約(申込フォームからも可能)
※都合等で一部講座を欠席された方向けに、動画でのフォローアップを予定しています。

※申込フォームからの申込はこちら、https://forms.office.com/r/yurJW72LDK

【主催】旭川市女性活躍推進部女性活躍課
【問合せ・申込み】旭川 NPOサポートセンター
【電話】0166-74-4151 【FAX】0166-39-2131
【メール】info@cocode.jp

2023/07/05

◆男女共同参画セミナー(連続3回講演)~当たり前と思っていることがあたりまえでない男子と女子の関係?~ のご案内

【目的】
第2次あさひかわ男女共同参画基本計画(以下「計画」)に基づき、男女共同参画社会の実現に向けて啓発講座を実施し、アンコンシャス・バイヤス、ジェンダー・バイヤス等固定観念に寄らず多様な生き方や価値観を受け入れるとともに、自分自身を見つめ直しエンパワメントする手法を学ぶ機会を提供することにより、男女共同参画意識を高めるとともに、女性活躍の基盤となる意識醸成を図る。

連続3回講演 
参加費:無料
申込み:要事前申し込み
    電話:0166-74-4151 FAX:0166-39-2131 
    メール:info@cocode.jp

    

※各講座無料託児あり、先着5名まで(事前に電話でお申し込みください。)


第一回 7月29日(土)16:00~17:30

陽の当らなかった女性作曲家たちのピアノコンサート
作曲家には女はいない?なぜ?

講師:石本 裕子氏(ピアニスト)
定員:60名


第二回 7月30日(日)15:00~17:15

~キミたちを待っているのはどんな社会か?~
第一部:講演 / 第二部 パネルディスカッション

講師:上野 千鶴子氏(社会学者・東京大学名誉教授)
定員:60名


第三回 8月20日(日)13:30~15:00

愛と差別と友情とLGBTQ+
~女が女を愛しちゃダメ?男が男を愛するとどうなる?~

講師:北丸 雄二氏(ジャーナリスト/翻訳家/作家)
定員:60名


【対象】
一般市民・学生・子どもを持つ親・子どもに関わる仕事をしている方・なんとなく生きづらさを感じている方・支援援助職の方・関心のある方【会場】旭川市市民活動交流センター CoCoDe
【住所】旭川市宮前1条3丁目3-30
【主催】旭川市女性活躍推進課
【運営】NPO法人 旭川NPOサポートセンター

2022/03/13

◆子ども食堂を行いました。

令和3年度赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン
いのちをつなぐ支援活動を応援!~支える人を支えよう~

旭川NPOサポートセンターでは、21年11月~22年3月まで赤い羽根助成により毎月一回CoCoDe子ども食堂を開設しています。

小中学生のお子さんたちには、高校生のお姉さんたちが学習のサポートもしています。
皆様から寄せられた寄付金により、暖かい食事を提供できました。心から感謝申し上げます。

2021/03/26

◆子ども食堂を行いました。

コロナ過で外出自粛の中、赤い羽根 新型コロナウイルス感染症の影響下での「つながりをたやさない社会づくり」のためのみんなの福祉活動応援企画による助成を受けて子ども食堂活動を行いました。
冬場に子どもたちが気軽に訪れることができ、学習や食事ができる居場所「子ども食堂」を10回開設することができました。
美味しいお弁当に子どもたちの笑顔がありました。

赤い羽根共同募金にご寄付していただいた皆様のご支援に感謝いたします。